【レポート】「腰巻きビル」の成立と変遷

【レポート】「腰巻きビル」の成立と変遷

 日本国内の高層ビルのうち、低層部が歴史的建築物であるものを俗に「腰巻きビル」と呼ぶ。本稿では腰巻きビル成立の背景を探り、そのデザインの変遷について論じる。

腰巻きビルの成立

 近年、社会の成熟化につれ、歴史や文化に対する企業・市民の意識が変化し、都市政策・都市開発において歴史的環境の保全・活用への期待が高まっている。一方で、特に東京都心部においては土地高度利用の需要が強く、単純に歴史的環境を保全することは困難な状況にある。これらの相反する目的を両立する方法として容積移転が存在し、東京都はこれまでに容積移転による歴史的環境保全を実現してきており、今後もそうした取り組みを進めるとしている。[1]

 この引用文は、特定街区制度の利用に伴った容積移転に関する論文の冒頭であり、近年の腰巻きビル増加の背景が端的に説明されている。文中の「歴史的環境」は「歴史的建築物」とほぼ同義であろうが、こと東京都心部においては、確かに多数の歴史的建築物がビジネス等の需要の旺盛な一等地に所在している。歴史的建築物を私企業が所有する場合、所有する建築物——あるいは所有する土地でできるだけ多くの利益を生み出したい、と私企業が希望することは当然である。その希望を現実のものとするための一助となっているのが、都市計画決定を必要とする特定街区制度である。「一つの街区、あるいは隣接する複数の街区を一体的に開発する場合、有効空地の確保、文化施設(歴史的建造物)やコミュニティ施設(商業施設)の配置、都心部での住宅の確保などで、街区内あるいは街区間の容積率の移転が可能になる」[2]制度の活用によって、私企業にとっては高層ビルの建設により多くの利益を見込めるというメリットが、そして行政機関にとっては歴史的建築物の保全を行えるというメリットが生み出される。このような官民の持ちつ持たれつの関係が、腰巻きビルの増加を推進しているのである。特定街区制度の創設そのものは東京オリンピックを控えた1961年であるが、制度の活用による腰巻きビルの建設は1980年代以降に目立ちはじめた。そのタイムラグは、まさに歴史的建築物に対しての社会の意識が変化したことによるものであると推測される。また、2000年には特例容積率適用区域制度が創設され、こちらも都市計画区域内での容積率移転を容認する制度である。

腰巻きビルのデザインの変遷

 腰巻きビルの最初期の例として、主婦の友社旧本社屋(設計:ウィリアム・メレル・ヴォーリズ、1925)のファサードを保存したお茶の水スクエアA館(設計:磯崎新アトリエ、1987)を挙げることができる。高層棟をセットバックさせることにより、正対すると、あたかも主婦の友社旧本社屋と高層棟が別個の建築物であるかのようである。

 低層部と高層部のボリュームについて、お茶の水スクエアA館と対照的な結果を生んだのが損保ジャパン日本興亜横浜馬車道ビル(旧日本火災横浜ビル、設計:日建設計・東京、1989)である。このビルもお茶の水スクエアA館と同様に歴史的建築物(旧川崎銀行横浜支店→旧日本火災横浜支店ビル、設計:矢部又吉、1922)のファサードを保存(正確には解体復元)したものであるが、低層部と高層部の床面積がほぼ同一であることにより、それらの一体化が強調されている。しかしながら、その結果として低層部が高層部に飲み込まれているかのような印象が与えられ、その印象は時に違和感へと変質する。同様の例として神戸地方・簡易裁判所(旧庁舎設計:司法省[河合浩蔵]、1904→改築設計:建設省近畿地方整備局神戸営繕事務所、1990)があり、高層部の外壁はカーテンウォールである。「ホリゾント効果を狙った」[3]との記述からミラーガラスが採用されたと推測できるが、この選択により逆にカーテンウォールとしての存在感が際立ってしまった。

 以上の3つの例から、腰巻きビルの成功を左右するのは、高層部と低層部を別個の建築物であるかのように見せられるか、という点であるように考えられる。近似した建材の使用等により建物としての調和を図ることは非常に困難であり、大手町野村ビル(設計:大成建設一級建築士事務所、1997)がその典型例である。この手法によって生み出される調和は、低層部(歴史的建築物)を埋没させるのみになりがちである。

 2000年代に入ると、腰巻きビルの高層部の外壁としてカーテンウォールの採用が目立ちはじめた。この年代の実例としては、日本工業倶楽部会館・三菱UFJ信託銀行(旧三菱信託銀行)本店ビル(設計:三菱地所設計、2003)等が挙げられる。カーテンウォールを採用する理由としては耐震基準にともなう軽量化の問題によるものが大きいと考えられるものの、低層部と高層部を同様の建材で仕上げた1980、90年代の実例のデザイン面での反省を踏まえた結果であるようにも思えてならない。

 近年の腰巻きビルの成功例のひとつが、従来の歌舞伎座を再整備して誕生したGINZA KABUKIZA(設計:三菱地所設計・隈研吾建築都市設計事務所、2013)である。旧歌舞伎座(第4期歌舞伎座、設計:吉田五十八)を継承するかたちで鉄骨造へと建て替えられた第5期歌舞伎座と、その上部の歌舞伎座タワーで構成されるGINZA KABUKIZAは、歌舞伎座の背後にタワーを建設したかのように見せるよう設計されていることによって歌舞伎座の独立性が強調されている。昭和通り側から建物を見ると、地上から頂部までのすべてがタワーであるため(そして角の日章興産ビルがタワーと歌舞伎座の結合部を目隠しする役割を果たしていることも奏功して)、タワーの大部分が歌舞伎座の上に載っていることに気が付くのは困難である。

まとめ

 冒頭に引用した保利らの論文は、ヘドニック法による推計の結果として「容積移転による歴史的環境保全は、高層化や公共施設負荷集中等による悪影響を上回るだけの有意な社会貢献を地域にもたらしている」という推定を結論としている。しかし、当然ながら腰巻きビルが社会にもたらす効果あるいは影響というものは、数値として表せる社会貢献の観点だけで計ることはできない。

 隈研吾は、腰巻きビルの一部としてかろうじて往年の姿を留める歴史的建築物について「どの保存も個々のデザインは発展途上としかいいようがない。でも、壊してしまうより、保存の方がいいことは確か」[4]と述べている。

 約30年間におよぶ腰巻きビルの歴史は、建築家らが手探りで歴史的建築物の保存のありかたを探ってきた歴史ともいえる。その結果として醜悪とも形容できるデザインのビルが誕生してしまったわけであるが、土地利用の側面から考えると腰巻きビルは現時点での最適解のひとつであり、デザイン面では高層部と低層部を明確に区別して高層部をカーテンウォールとすることが最も“まし”であるといえる。

【参考文献】

    大澤昭彦「日本における容積率制度の制定経緯に関する考察(その1) -容積制導入以前における容量制限:1919 年~1950 年-」『土地総合研究』2011年冬号、一般財団法人土地総合研究所、83—105頁
    隈研吾「モダニズムからヤンキーへ アゲアゲアーバニズムとしての歌舞伎座」『新建築』2013年5月号、新建築社、38—43頁
    隈研吾・清野由美『新・都市論TOKYO』集英社新書(2008)
    国土交通省「神戸地方・簡易裁判所」http://www.mlit.go.jp/gobuild/history_koubechikansai.html(2018/01/15参照)
    千代田区「お茶の水スクエアA館」https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/machizukuri/kekan/documents/20-ochanomizusukueaakan.pdf(2018/01/19参照)
    保利真吾・片山健介・大西隆「特定街区を活用した容積移転による歴史的環境保全の効果に関する研究—東京都心部を対象としたヘドニック法による外部効果の推計を中心に―」都市計画論文集、No.43-3、公益社団法人日本都市計画学会(2008)235-240頁
    「お茶の水スクエアA館」『新建築』1988年1月号、新建築社、209-219頁
    「日本火災横浜ビル」『新建築』1989年6月号、新建築社、247-253頁
    「大手町野村ビル」『新建築』1997年5月号、新建築社、137-145頁
    「GINZA KABUKIZA 歌舞伎座、歌舞伎座タワー」『新建築』2013年5月号、新建築社、44-63頁

    [1]保利・片山・大西、235頁

    [2]隈・清野、93頁

    [3]国土交通省

    [4] 隈・清野、85頁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です