【レポート】地域医療とソーシャルワーカーの役目

地域医療とソーシャルワーカー

  • ソーシャルワーカーの地域医療における存在意義

今後、ソーシャルワーカーの存在が更に必要となるのは、地域包括ケアにおいて。地域包括ケアとは、高齢者の、地域の中で生活を後押しし、その地域の中で医療などを受けられるようにするものである。介護保険を利用していく中で、住んでいる地域から離れた施設などでケアを受けなければいけない状況にならないようしつつ、医師だけでなく、地域住民とソーシャルワーカーなどの協力を求めていくべきだ。地域で医療を受けられることは、素晴らしいが、医師だけが治療に関わるのでは不完全であろう。地域での医療を受けるにあたって、ソーシャルワーカーやケアマネジャーが利用者をサポートしていくことが重要だ。そして医師が治療を行うだけはなく、ソーシャルワーカーが利用者の意思や人権に基づいて、地域で医療を実践していくことが、地域包括ケアの在り方ではないだろうか。ただ、利用者を病院から退院させて、在宅での介護や治療に専念していく際には、介護家族の事情も考慮する必要がある。現在、施設での医療よりも在宅での医療が推進されているが、在宅での介護や、治療に切り替えた時に、家族にかかる負担を考慮して、施設と在宅での治療をバランスよく行なっていくことが大事である。この際、医師だけでは対応しきれないので、ソーシャルワーカーやケアマネジャーが積極的に支援していくことが大事になってくるのだ。また、要介護度が高い利用者には、在宅での生活がしやすいように器具のレンタルや、場合によってはリフォームなどを進めていかなくてならない。この際、市町村によって補助金などが利用できる場合があり、ソーシャルワーカーが利用者やその家族に伝えていくことも大事になってくる。介護保険制度を利用していく上で、その人の住んでいる地域でのケアを進めていくと同時に、施設や病院などとの連携も重要な課題であろう

  • ソーシャルワーカーが行う支援

次は支援方法について。利用者を支援していく場合、その人個人の支援を行なうことも大事であるが、その人を取り巻く地域や人間関係にも注目して支援をしていくことが求められる。これはエンパワメントやストレングス視点とも繋がる。利用者の周りの社会的資源に関しても、支援をしていくことにより、利用者の意思や人権に添いながら利用者本人や家族に過度の負担がかかることを防げる。また、地域社会の助けを必要とする場合には、近隣住民などの理解や協力も必要になる。友人や親戚などの人たちにも、協力を呼びかけることが必要な場合もあるが、しっかりと説明をした上で協力してもらうことも必要だ。周りの人たちの協力は、利用者の介護や治療には効果的だが、本人の自立心も助成していかなくてはならない周りの関係に依存してしまい、自立心を損なってしまうと介護や治療はうまくはいかない。つまり、ソーシャルワーカーやケアマネジャーは利用者本人の自立心を養っていく必要がある。また、対象者の家族や友人、親戚なども同様に理解を得た上で、支援にあたるという事も重要だ。利用者の自立心を育む為には、介護や治療を行なった先の具体的な目標を定めていくことが効果的だ。また目標を定めることは、介護される人が、支援をしてもらうといった受動的な態度になるのではなく、支援の後の目標のために、自らが積極的に取り組む契機にもなる。このように、支援というのはその人個人だけではなく、地域や社会環境にも目を向けつつ、利用者の自立心にも目を向けることが大事なのだ。

【参考文献】

島崎謙治 『医療政策を問いなおす: 国民皆保険の将来』 ちくま新書(2015)

佐久間淳 『保健医療サービス 保健医療制度・医療福祉 第4版』弘文堂(2019)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です